fc2ブログ

第9帖「葵」の全文訳(7)

2019年11月11(月) 溝の口「紫の会・月曜クラス」(第44回・№1)

今月の「紫の会」の講読箇所は、84頁・11行目~92頁・2行目迄で、
第9帖「葵」のクライマックスにあたります。その前半(84頁・11行目
~88頁・6行目)の全文訳です。後半は11/28(木)に書きます。
(頁・行数は、「新潮日本古典集成 源氏物語二」による)

まだ出産までには間があると、左大臣家では皆が油断なさっていたところ、
葵の上は急に産気づかれてお苦しみになるので、いっそう効験あるお祈り
の数もこの上なくおさせになりますが、例によって、執念深い物の怪が一つ、
けっして動こうとはせず、霊験あらたかな験者たちも、普通ではない、と持て
余しておりました。さすがにひどく調伏されて、痛々し気に泣き苦しんで、
「少し祈祷をお緩めくださいな。源氏の君に申し上げるべきことがあります」
とおっしゃいます。女房たちは「やっぱりそうだ。何かわけがあるのでしょう」
と言って、葵の上の傍の几帳のもとに源氏の君をお入れしました。

まるで臨終のような有様でいらっしゃるので、源氏の君に遺言なさりたいこと
でもおありなのかと思って、葵の上のご両親も少し退かれました。加持の僧
たちが、声を抑えて法華経を読んでいるのはたいそう尊い感じがいたします。

源氏の君が御几帳の帷子を上げてご覧になると、葵の上はとても美しくて、
お腹がたいそう高くて横になっておられる様子は、夫婦でなくても、このお姿
を拝見したらきっと心が乱れるでありましょう。ましてや源氏の君が、惜しくて
悲しいとお思いになるのは無理からぬことでした。白いお召し物に色の対象
が鮮やかで、御髪がたいそう長くて多いのを、結んで枕元に添えてあるのも、
こんなふうに取り繕っていないでこそ、可愛らしく優美な感じが加わって美しい
のだ、と、見えます。

源氏の君が葵の上の手を取って、「ああ、ひどい。私に辛い目をお見せに
なるのですね」と言って、あとはものも申し上げずお泣きになるので、葵の上は、
いつもはとても気詰まりで、こちらの気が引けそうな眼差しですが、今はひどく
だるそうに見上げじっと源氏の君を見つめ申しているうちに、涙がこぼれて、
そんな葵の上の様子をご覧になっては、どうして夫婦の情愛に動かされない
ことがありましょうか。

葵の上があまりひどくお泣きになるので、おいたわしいご両親のことを
お考えになり、また、こうして自分をご覧になるにつけて、もうこれが最後か
と残念にお思いになっているのであろうか、と源氏の君はお思いになって、
「何事もそんなに深く思い詰めなさいますな。こんな状態でもたいしたことは
ございますまい。また、たとえどうなっても、我々の間柄なら、必ず逢える時が
あるようですから、お目に掛かれるに違いありません。左大臣、大宮なども、
前世からの深い因縁がある仲なので、後の世でも切れることはなく、また
きっとお会いになれるとお思いください」とお慰めになると、「いいえ、違うの
です。私の身体がとても苦しいので、しばらくご祈祷をお休みいただきたいと
存じまして。このようにここへ参上するつもりなど、さらさらございませんのに、
物思いをする人間の魂は、本当に我が身からさまよい出るものだったのです
ね」と、親し気に言って、

「嘆きわび空に乱るるわが魂を結びとどめよしたがひのつま(嘆き悲しみ、空に
さまよっている私の魂を、あなたが繋ぎとめてください、下前の褄を結んで)」

とおっしゃる声、様子は、葵の上とは似ても似つかず、すっかり変わってしまって
いました。実におかしな事だ、と源氏の君が思い巡らされると、まさしくあの
六条御息所でありました。呆れ果てて、人が何かと噂するのを、下々の者たちが
勝手に言っていることだと、聞くに堪えないとお思いになり打ち消しておられました
が、それを目の当たりにはっきりと見てしまって、「世の中にはこんなことが起こる
のだったのだ」と、嫌気がさしてしまわれました。「ああ嫌だ」と思われて、「そう
おっしゃるが、誰とも分からない。しかとお名乗りなさい」とおっしゃると、まさに
御息所その人のご様子なので、「呆れ果てた」などという表現ではありきたりに
なってしまいます。女房たちが近くにやって来るのも、源氏の君はいたたまれなく
お思いになっていました。

少し苦しまれる御声も静まりなさったので、小康を得られたのであろうか、と、
母宮が薬湯をお寄越しになったので、葵の上は女房たちに抱き起されなさって、
程なく若君がお生まれになりました。皆が嬉しいとお思いになることはこの上
ありませんが、憑坐に乗り移された物の怪たちが、悔しがって悶える様子が
実に物騒がしくて、後産のこともまた心配でした。言い尽くせないほどの願を
立てさせなさったからでしょうか、無事にそれも終わったので、天台座主や、
誰それと言った尊い僧たちが、得意顔で汗をおし拭いながら急ぎ退出しました。

多くの人が神経をすり減らしたここ何日間かの余韻も、少し収まって、今は
いくら何でも大丈夫とお思いです。御修法などは、またまた始め加えさせ
なさいますが、先ずは、誰もが興味があり、物珍しい若君のお世話にかまけて、
ほっと気が緩んでいました。桐壺院をはじめ、親王たち、上達部が、残る人無く
お贈りになった産養の品々が、めったになく豪華なのを、夜毎に見ては大騒ぎ
をしております。この御子が男の子でもあったので、産養の間の儀式は盛大で
立派なものでした。


もっと話は詰めておかねば・・・

2019年11月8日(金) 溝の口「源氏物語を読む会」(第137回)

溝の口の第2金曜日クラスと第4月曜日クラスは、今月で「宇治十帖」の
最初の巻、第45帖「橋姫」読了です。

八の宮の不在を知らずに宇治へ出掛けた薫に、大きな出来事が二つ
ありました。それはこれまでさほど興味を持つこともなかった姫君たちを
垣間見て、心惹かれたことと、どうやら自分の出生の秘密の鍵を握って
いるらしい老女房がここにいるのを知ったことでした。特に後者は、薫が
幼い頃から疑念を抱いて来たことだけに、もう一度宇治を訪ねて詳細な
話を聞きたいと思っておりました。

そこで八の宮が山寺からお戻りの後、薫は再度宇治を訪問しました。

八の宮の琴(きん)の琴、薫の琵琶で合奏をした後、八の宮が娘たちの
ことを次のように語ります。

「人にだにいかで知らせじと、はぐくみ過ぐせど、今日明日とも知らぬ身
の残り少なさに、さすがに行く末遠き人は、落ちあふれてさすらへむこと、
これのみこそ、げに世を離れむ際のほだしなりけれ」(娘がいることを世間
の人に何とか知られまいと、育てて来たけれど、今日明日とも分からぬ
我が身の命の残り少なさに、さすがに生い先長い娘たちが、落ちぶれて
流浪するのかと思うと、これだけが出家の妨げとなっているのです)

それを聞いた薫は、

「わざとの御後見だち、はかばかしき筋にははべらずとも、うとうとしからず
おぼしめされむとなむ思うたまふる。しばしもながらへはべらむ命のほどは、
一言も、かくうち出で聞こえさせてむさまを、違へはべるまじくなむ」(特別の
お世話めいた、しっかりとした形ではなくても、他人行儀にお心を置かれる
ことなくお考え頂きたいと存じます。しばらくでもあなたより長生きしましたら
その間は、たとえ一言でも、このように申し上げたことを違える所存はござい
ません)

と、答えたのです。

要は、八の宮は、薫が娘のどちらかと結婚して、二人の面倒を見て欲しいと、
暗に願っている意思表示をしているつもりだったのでしょうが、こんな曖昧な
表現では、薫も「それなら大君と結婚したいと思います」と返事をするのは
難しいでしょう。でも、薫のほうも、「わざとの御後見だち」(夫としての庇護者
めいた)形ではなくても、自分の命ある限り必ずお世話します、なんて持って
回った言い方をせずに、もっと八の宮の気持ちを忖度して、自分のほうから
大君との結婚を切り出していれば、この先みんな幸せになれたのですよね。

ただここでは、八の宮とすれば道心深い薫に、結婚話をぶつけるのは
憚られたでしょうし、薫は薫で、「法の友」の八の宮に、自分の俗っぽい一面
を見せたくなかったのでありましょう。

同じような場面が、次の「椎本」にも見られますので、そこでもう一度触れて
おきたいと思います。


ちょっとだけ古典文法(40)・・・その2

2019年11月7日(木) 八王子「源氏物語を読む会」(第166回)

一昨日の「ちょっとだけ古典文法(40)・・・その1」の続きです。「謙譲語」、
「丁寧語」、「特殊な敬語の用法」の説明となります。

※謙譲語(基本的には、「~申し上げる」・「~いただく」「~差し上げる」
       と訳す。)

☆謙譲の補助動詞(「奉る」・「聞こゆ」・「申す」・「参る」・「参らす」・「給ふ
 (下二段活用)」
◎やがて御簾の内に入れ奉りたまふ。(そのまま御簾の中に入れ申し上げ
 なさる。)

☆謙譲の本動詞
a「奉る」・「参らす」=「与ふ」・「授く」などの謙譲語。
b「参る」・「まうづ」=貴人・神仏の処へ「行く」・「来」の謙譲語。
c「まかる」・「まかづ」=貴人・神仏の処から退出する意味の謙譲語。
d「申す」・「聞こゆ」・「聞こえさす」=「言ふ」の謙譲語。
e「侍り」・「候ふ」=貴人の側に仕える意味の謙譲語。
f「存ず」=「思ふ」の謙譲語。
g「承る」=「受く」・「聞く」(承知する)の謙譲語。
h「奏す」=帝に対して申し上げる意味の謙譲語。中宮・東宮らに
 対しては「啓す」を用いる。
i「つかまつる」・「つかうまつる」=「す」の謙譲語。様々な意味で用いる。

※丁寧語(基本的には、「~です」、「~ます」と訳す。)

☆丁寧の補助動詞(「はべり」・「さぶらふ」・「さうらふ」)
◎「ただいま、あさましきことを見はべりつ。」(「たった今、驚き呆れ果てる
  ことを見ました。」)

☆丁寧の本動詞(「はべり」・「さぶらふ」・「さうらふ」)
◎「物語の多くさぶろふなる、ある限り見せ給へ。」(「多くあると聞いて
  います物語を、あるだけ見せてください。」) 

★特殊な敬語の用法

①二重敬語(最高敬語)…尊敬の助動詞と尊敬の補助動詞とが二重に
 結合した「せたまふ」・「させたまふ」のような表現で、「たまふ」だけより
 高い敬意を表します。『源氏物語』の地の文では、帝・院にほぼ限定して
 使われているので、主語が誰であるかの目安にもなります。
◎院、「何事ぞ」と問はたまひけり。(院は、「何事か」とお尋ねになった。)

②一文の中で、動作の為手(主語)と受け手(目的語)の両方に敬意を表す
 場合は、先ず「謙譲語」で為手を低めて相対的に受けてを高めて敬意を表し、
 続いて「尊敬語」で、為手に敬意を表します。
◎権大納言、関白殿に御沓とりて履かせたてまつりたまふ。(権大納言が、
 関白殿に御沓を手に取って、履かせ申し上げなさる。)→「たてまつる」という
 謙譲語で、作者は先ず為手(主語)の権大納言の動作を低めて、受け手
 (目的語)の関白殿に敬意を表し、続いて「たまふ」という尊敬語で、為手の
 権大納言に敬意を表しています。これで、作者は為手と受け手の両方に
 敬意を表したことになります。

③「給ふ(たまふ)」は、多くは「尊敬語」(四段活用)として用いられますが、
 「謙譲語」(下二段活用)として用いられる場合は、会話文、手紙文の中で、
 話者が自分の行為をへりくだって用います。ほとんど「見る」「聞く」「知る」
 「思ふ」に付いて「見たまへしに」(見ましたが→訳は丁寧語と同じ)という
 ような形になります。

-------------------------------------------------------------

このクラスの「源氏物語」は、本日で第52帖「蜻蛉」の巻を読み終えました。

最後は、薫が「ものはかなげに飛びちがふ」(弱々しく飛び交っている)
蜻蛉を見て、

「ありと見て手にはとられず見ればまたゆくへもしらず消えし蜻蛉」(そこに
いると見えても手に捕らえることは出来ず、やっと手にしたかと思ったら
また行方知れずとなって消えてしまった蜻蛉よ)

と独詠する場面で終わっています。「飛びちがふ」(飛び交う)ということは、
蜻蛉が複数飛んでいるのを示していますので、ここでの蜻蛉は八の宮の
姫君たちを連想させ、「手にはとられず」だった大君と中の君、「見ればまた
ゆくへもしらず消えし」となった浮舟との、儚い縁を回顧しているもの悲しい
歌です。

巻名の「蜻蛉」もこの歌に由来しています。


ちょっとだけ古典文法(40)・・・その1

2019年11月5日(火) 高座渋谷「源氏物語に親しむ会」(通算144回 統合94回)

ご要望のあったクラス限定で始めた「古典文法」ですが、今月で最終回と
なりました。本当に毎回「ちょっとだけ」でしたが、回数にして40回、3年以上
続けたことになります。

最後は「敬語表現法」です。「敬語表現法」とは、話者(地の文では作者)が、
その文中の人物に対して、敬意を表すための特別な表現のことで、その
敬語表現のために用いられる語を「敬語」といいます。敬語表現には、「尊敬」
・「謙譲」・「丁寧」の三種類があります。

教室では1回で全部を説明しますが、ブログでは長くなり過ぎるので、今日は
「その1」として、「尊敬語」までにします。残りは、「その2」として、明後日(7日)
の八王子クラスの時に書くことといたします。

★三種類の敬語表現
①尊敬表現…話者(地の文では作者)が、文中の動作をする人(主語)に対して、
直接敬意を表すもの。
◎かぐや姫、すこしあはれとおぼしけり。(かぐや姫は、少し気の毒だとお思いに
なった。)→作者が主語であるかぐや姫に対して敬意を表している。

②謙譲表現…話者(地の文では作者)が、文中の動作をする人(主語)を低める
ことによって、間接的にその動作を受ける人(目的語)に敬意を表すもの。
◎世の人、この君を光君ときこゆ。(世間の人は、この君を光君と申し上げる。)
→作者が主語の「言う」という動作を、「きこゆ」と謙譲語で表すことで低め、その
動作の受け手対象(目的語)であるこの君に敬意を表している。

③丁寧表現…話者(地の文では作者)が、文の主語や目的語に関係なく、話の
聞き手(読み手)に対して敬意を表すもの。
◎「年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ」。(長年の念願を果たしました。)

★端的に言うなら、尊敬は「為手(して)尊敬」、謙譲は「受け手尊敬」、
丁寧は「聞き手尊敬」ということになります。

主な敬語を挙げておきます。

※尊敬語
☆尊敬の補助動詞…他の動詞や断定の助動詞・形容詞・形容動詞などの
下につき、尊敬の意味を添える。代表的なものとして「給ふ(四段活用)」がある。
◎御祖母北の方、つひにうせ給ひぬ。(御祖母の北の方が、とうとうお亡くなり
になった。)

☆尊敬の助動詞…活用語の未然形について、尊敬の意味を添える(「る」、「らる」、
「す」、「さす」、「しむ」)。
◎かの大納言、いづれの舟にか乗らべき。(あの大納言は、どの舟にお乗りに
なるのだろう。)

☆尊敬の本動詞
a「給ふ(四段)」=「与ふ」・「授く」などの尊敬語。
b「おはす」・「おはします」・「います」=「あり」・「をり」・「行く」・「来」などの尊敬語。
c「のたまふ」・「のたまはす」・「仰す」=「言ふ」の尊敬語。
d「思す」・「思ほす」・「思しめす」=「思ふ」の尊敬語。
e「聞こす」=「聞く」・「言ふ」の尊敬語。
f「聞こしめす」=「聞く」・「食ふ」・「飲む」・「治む」の尊敬語。
g「御覧ず」=「見る」の尊敬語。
h「召す」=「呼ぶ」・「着る」・「食ふ」・「飲む」・「乗る」などの尊敬語。
i「参る」・「奉る」=「食ふ」・「飲む」の尊敬語。
j「大殿ごもる」=「寝」・「寝ぬ」の尊敬語。
k「あそばす」=「す」の尊敬語。様々な意味で用いる。

-----------------------------------------------------------------

「源氏物語」のほうは第36帖「柏木」の後半、「国宝源氏物語絵巻・柏木第二段」
に描かれている場面を読みました。

柏木が重篤であることをお聞きになった帝は、参内する気力も湧くのではないか
と、柏木を権大納言に昇進させなさったので、夕霧はそのお祝いに柏木の許を
訪れました。

しかし柏木はすでに臨終の床にあり、身体を起こして対面することも出来ません。
それでも、烏帽子を着け、室内には薫物の香りをくゆらせ、枕を半回転させて高くし、
少しでも身体を起こした状態に近づけて、最後まで貴族としてのたしなみを忘れず
夕霧と会い、遺言をします。一つは、源氏との齟齬から生じたお咎めを許して
いただけるように機会があればとりなして欲しい、ということ。もう一つは、とうとう
会うことも叶わず未亡人となってしまう正妻の落葉の宮を見舞ってやって欲しい、
ということでした。

この遺言が次なる物語に繋がって行くのですが、その導き方も巧妙です。

こうして柏木は「泡の消え入るやうにて」という象徴表現でその死を迎えます。
「泡」は恋の歌に多く詠まれており、恋に殉じた柏木を象徴するに相応しい表現
かと思われます。

      絵巻・柏木・第二段
      「国宝源氏物語絵巻」(柏木・第二段) 徳川美術館蔵


浮舟の出家と妹尼の思い

2019年11月4日(月) 淵野辺「五十四帖の会」(第167回)

カレンダーがいよいよ薄くなって、今年も余すところあと2ヶ月を
切りました。11月に入ってからは、穏やかな日が続いています。

このクラスは第53帖「手習」の5回目、今回のところで、浮舟が
遂に出家を遂げました。

「手習」の巻の冒頭で、横川僧都らによって救出された浮舟は、
僧都の妹尼らと共に小野で暮らすようになりました。が、妹尼の
亡き娘の婿であった中将に懸想され、妹尼ら周囲も二人の結婚
を望んだため、困った浮舟は、妹尼が初瀬詣に出掛けた留守に、
京での一品の宮(女一宮)の加持祈祷のため小野に立ち寄った
横川僧都に懇願して、出家を果たしてしまいました。

初瀬から戻った妹尼の落胆ぶりは尋常ではありませんでした。
「伏しまろびつつ」(泣き伏し身をよじって)限りなく悲しみます。

この「伏しまろぶ」という表現は、「蜻蛉」の巻で二度、浮舟の母親
に対して使われています(亡骸もないままの浮舟の葬儀を乳母と
共に悲しむ場面と、薫の厚意を夫の常陸介が喜ぶのを見て、
ましてや浮舟が生きていれば、と思う場面)。ここで同じ表現が
妹尼に対して使われているのは、おそらく妹尼の浮舟に対する
思いが母親と同等であることを示そうとしたのでありましょう。

浮舟が自分に内緒で出家してしまったことに、「いとものはかなく
ぞおはしける御心なれ」(本当に浅はかな考えのないことをして
くださったことですよ)と泣きながら、それでも出家した浮舟の為、
尼装束の用意をしている様子が描かれています。

ここも「どうしようもない馬鹿な子だ」と言いながらも我が子に愛情
を注ぐ母親の姿が感じられ、妹尼の浮舟に対する優しさが伝わって
来る一文となっています。

妹尼の人柄と、浮舟に対する思いが分かる気がしますね。

次回で「手習」を読み終える予定ですので、年が明ければ最後の
第54帖「夢浮橋」に入ることになりそうです。


訪問者カウンター