fc2ブログ

中秋の名月

2021年9月21日(火)

天気予報によると、この辺りでは「中秋の名月」が望めるかどうかは、
「チャンスあり」と「難しそう」の境目くらいで、あまり期待していなかった
のですが、予報が嬉しいほうに外れて、夜8時頃、南東の窓を開けると、
雲から抜け出して輝く「中秋の名月」と対面することができました。
今年は8年ぶりに、「満月」と「中秋の名月」が同じ日になったそうです。

      十五夜
      相変わらず私のスマホではピンボケですが、
      肉眼で見たお月様は本当に綺麗でした。


スポンサーサイト



コメント

No title

私も、ベランダから名月がはっきりと確認できました\(^o^)/
中国から来た風習のようですが、あちらは月餅も大きなものがあって、家族で切り分けて食べるのかなと思いました。

No title

私のところでも、透き通った空に、はっきりと綺麗なお月さまを見ることができました。「満月」と「中秋の名月」は同じ日とは限らないのですか。知りませんでした。。(๑˃̵ᴗ˂̵)
ふるさとの月見団子は、きな粉たっぷりの団子を串に刺したものでした。美味しくて、大好きでした。すみません、せっかくの名月をまた食べ物の話にしてしまいました。f^_^;

こんにちは

コメントを頂きありがとうございました。

名月を昨夜は楽しみにしていたのですが我が家は曇りで観ることができませんでした。(-。-)y-゜゜゜
ところで、源氏物語がお好きとのことですので既にお読みになっていらっしゃるかもしれませんが内館牧子氏の「十二単を着た悪魔」はとても思い白かったです。
弘徽殿女御のイメージが好転しました。
自立した考え方は現代女性にも充分参考になると思いながらあっという間に読み終えてしまいました。
既にお読みになっていらっしゃいましたら申し訳ありません。
これからもよろしくお願いいたします。

No title

utokyoさま

日々コメントを戴き、有難うございます。

「中秋の名月」をめでる慣習は中国から伝わったもので、日本では「月見団子」を供えますが、中国では「月餅」ですね。

また日本独自の「十三夜の月」を観る風習がありますが、今年は10月18日。「十五夜の月」を観ましたので「片見月」(或いは片月見とも)にならないよう、カレンダーに〇をしています。

No title

谷口さま

コメントを有難うございます。

私も貴ブログを楽しませていただいております。息子さんからの思い遣り溢れる美味しさ満載のプレゼント、羨ましく読ませていただきました。食べ物の話題、私も大好きです!

中秋の名月は、旧暦の8月15日の月のことなので、必ずしも満月とはならないのですよね。

でも、それが重なった今年、見ることが出来たのはラッキーでしたね。

No title

窓辺 夢 さま

コメントを有難うございます。

昨夜は、そちらはお月様が雲隠れの地域となったのですね。5月の「スーパームーン&皆既月食」の時は、こちらが雲隠れ地域で、残念な思いをいたしました。

内館牧子さんの『十二単衣を着た悪魔』は、小気味よいストーリー展開で、私も一気読みし、拙著にも引用させてもらいました。私はこれを読んで以来、内館さんの本を読むようになりました。

昨年、『十二単衣を着た悪魔』が映画化され、見たかったのですが、コロナ禍で断念せざるを得ませんでした。DVDになったら必ず視聴しようと思っています。

『十二単衣を着た悪魔』のことがコメントで戴けて、とても嬉しいです。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。


No title

きれいに見られてよかったですね
昨夜は見られませんでしたので 今夜こそリベンジ見たいです。

No title

いとこいさま

コメントを有難うございます。

昨夜関西では、月は雲に隠れていたのですね。今夜リベンジが出来たでしょうか?十六夜の月も綺麗です。

そう言えば、いとこいさまに初めてコメントさせていただいたのも、5月の「スーパームーン&皆既月食」が見えないか、見えないか、と、出たり入ったりしたという、同じ行動に親近感を覚えたからでした(笑)

No title

コメントの返信拝見しました
よく覚えていてくださって うれしいです。ありがとうございます。

昨夜も曇り空で見られず 何度もベランダに出たり入ったり
11時ごろに何とかきれいなお月様見ることができました。
ご心配ありがとうございます。

No title

いとこいさま

再度のコメントを有難うございます。

夜遅くになってから、綺麗な十六夜の月がご覧になれたとのこと、出たり入ったりの甲斐がありましたね。

お月様も、「こりゃあ、いとこいさまにやっぱり姿見せてやらんとあかんなぁ」と思ったのかもしれませんね(笑)

日本人の感性には、月の美が合うような気がします。

コメントの投稿

訪問者カウンター