fc2ブログ

栗の渋皮煮

2021年10月17日(日)

10月の前半は夏のような暑さが続き、ずっと半袖で過ごしましたが、
ここへ来て急に、涼しいを通り越して寒いくらいになり、慌てて長袖を
引っ張り出して着ました。

毎年ご近所の方が、大きくて立派な栗をくださるのですが、今年も
頂戴しました。

先日、いつもライフハック情報を載せておられる方のブログに、
「栗の皮むきの裏ワザ」、が紹介されておりました。「よし、今年は
これで試してみよう」と思い、生栗をそのまま冷凍しました。そして
今日、それを取り出しボールに入れ、熱湯をかけてそのまま5分間
放置。冷凍されていた栗ですから、お湯はもう手を入れても熱く
ありません。

包丁でちょっと切れ目を入れ、一箇所皮を浮かせると、あとは手で
剥けます。それもさほど大変ではなく、ペリッ、ペリッ、という感じで。

その後はいつもと同じ手順で、重曹をいれたお水で二度湯でこぼし、
砂糖水で40分コトコト。昨年は重曹を入れ過ぎて、湯でこぼしの段階
で既にボロッと崩れてしまう栗もあったので、今年は重曹を控え目に
しました。最後にブランデーで香りづけをして出来上がり。

鬼皮を剥く段階で、新方法がとても楽だったので、「栗の渋皮煮」は
今年が一番早く、しかも綺麗に仕上がった気がします。

    渋皮煮①
   ブログ用の写真を撮るため、まだ冷めていない栗を取り出し
   お皿に盛りました。今はまたお鍋の中に戻してあります。
   さて、お味のほうはどうでしょうか?  


スポンサーサイト



コメント

No title

栗の皮を楽にむいていただけたようで、良かったです♫
渋皮煮は作ったことがないので、スーパーに栗があれば作ってみたいです。
手を切ってしまったという方もいらっしゃるので、安全に皮むきしていく必要がありますね。

No title

ばーばむらさき様

キレイな形ですね。
私は不器用で栗ご飯などでも、栗を不細工な形にしてしまうのですが、
教えていただいた方法を試してみます。

高知県も涼しく秋めいていますが、日中はまだ半袖です。
北海道は雪が降ったとか!
本当に日本は南北に長いのですね。

No title

utokyoさま

コメントを戴き、有難うございます。

今回教えていただいた「裏ワザ」、これまでいろいろ試したどの遣り方よりも、楽な栗の皮むきでした。utokyoさまに感謝です!

「栗の渋皮煮」も、これなら苦にならず作れます。utokyoさまもぜひお作りになってみてくださいませ。





No title

soubokuさま

コメントを有難うございます。

これまでは、栗を茹でて氷水に晒す、それを二度繰り返してから鬼皮を剥いていました。それでも今回よりも剥き難かったので、この冷凍→熱湯の方法を考え出した人ってすごいなァ、と思います。

これならもう一度栗を買って、栗おこわでも作ってもいいな、と考えています。

高知へは行ったことはないのですが、南国で気候温暖でしょうね。こう書いていたら、昔ペギー葉山さんが歌っていた「南国土佐を後にして」という歌が思い出されてきました(笑)



No title

栗の皮の剥き方、いろいろあるようですね。
私は不器用かつめんどくさがりなので、いまだ渋皮煮は作ったことがありません。
でもばーばむらさきささまのブログを読んでいたら、俄然作ってみたくなりました。
お店にまだ栗があればいいのですが。

栗はやっぱり美味しくて心惹かれますね♪

栗の皮剥き

栗の剥き方、冷凍した上ですとこれまでより上手に剥けそうですね。私の今年の指はへバーデン結節のために痛んで、ここ3ヶ月思うようにつかえませんでした。なので、秋の栗も横目で見ながら手を出しませんでした。でも、ここのところ指の痛みが和らいできたように思います。早く、柔らかくなった栗の皮をバリバリと剥いてみたいものです。

No title

ばーばむらさきさまぁ~~
とても手間がかかる栗の渋皮煮美味しそうにできていますね(*^^*)
栗を冷凍して熱湯をかけ。。。知りませんでした~
先日お姑さんから『生栗いる?』と聞かれたので
栗のかわ剥きのことを考え迷わず『いらないッ!』と即答しちゃいました(;^_^A
貰っとくんだったわ~~~~ザンネン

No title

スミレさま

コメントを有難うございます。

栗を使ったお菓子、私も大好きです。モンブランまで作るのは無理ですが、渋皮煮は、今回の皮むきの裏ワザの御蔭で、これからあまり苦にならず作れそうです。

スミレさまは、私などよりも沢山お菓子作りをなさっているので、きっと美味しい渋皮煮が出来ると思います。

No title

keikoさま

コメントを戴き、有難うございます。

私の周りでも、へバーデン結節を患っている人は多いです。でもkeikoさまは回復されているようで、良かったですね。

この栗の皮の剥き方も、従来の剥き方に比べれば、とっても楽ですが、それでもある程度、指先には負担がかかります。ご無理はなさらないで、お試しになってみてくださいませ。そのうち、この剥き方が「裏ワザ」ではなく、ポピュラーな剥き方になるのではないでしょうか?






No title

栗の渋皮煮おいしいですね
頑張って作られたんですね
素晴らしいです。
ブランデーにつけて・・・このブランデーがまたおいしいんですよね。
母親とキッチンに並んで作った日の事が思いだされます。
鬼皮のむき方教えていただいてありがとうございます。

No title

マダムゆかさま

コメントを有難うございます。

そうですよね。私も栗好きなのですが、皮むきの大変さを考えると、買ってまで渋皮煮を作ろうと思ったことはありませんでした。

今回、この剥き方を覚えたことで、頂戴した新米のもち米もあることだし、「栗おこわ」も作ってみようかな、という気になっています。マダムゆかさまも機会があれば、お試しになるといいですよ。



No title

いとこいさま

コメントを有難うございます。

渋皮煮は和風マロングラッセだと聞いたことがありますが、私はマロングラッセよりも渋皮煮のほうが好きです。

お母様とご一緒にお作りになった思い出のお菓子なんですね。

茹でてから冷凍しておく、というのは知っていましたが、こちらのほうが簡単です。この鬼皮の剥き方、思いついた人に拍手を送りたいと思います。

コメントの投稿

訪問者カウンター