fc2ブログ

一部のカテゴリを古い順に並べ替え

2023年6月24日(土)

一昨日の記事で頂戴したコメントの返信に、私が「拙ブログは、
講読するクラスによって、物語が前後してしまい、わかり難くて
すみません。カテゴリのクラス別にアクセスしていただくほうが、
話が続いて読み易いかもしれません。それでも後で書いたもの
のほうが、先に出て来てしまいますけど・・・🙇」と書いたのを、
姉が読んで、「ホント、後で書いたものが先に出て来て、初回を
見たいと思っても、遥か彼方だったりして、辿り着けなかったり」
と、LINEのメッセージが送られてきました。

これまであまり考えなかったことですが、カテゴリの項目ごとに
古いものから順に表示できるのなら、と「カテゴリの管理」の画面
を開けてみたら、「なぁ~んだ、簡単に出来るじゃないの」でした。

ただ現在進行形のクラスもそうしてしまうと、最近の記事が遥か
彼方になってしまい、それはそれで不都合なので、既に読了と
なった項目の所だけを、古い順に表示されるようにしました。

カテゴリの「枕草子の講読会」を開けて頂くと、「春はあけぼの」
の記事から出てくるようになりました(『枕草子』は、『源氏物語』
のような続いた話ではありませんので、あまり意味はないかも
しれませんが)。

本当は『源氏物語』の最初から書いている「溝の口(紫の会)」を
古い順にしたいのですが、現在月に3回新しい記事になって行く
ので、難しいところですね(こちらは従来のまま新しい順となって
います)。同じ意味で、全文訳も古い順に出来ずにいますが、
全文訳を要約した「源氏物語のかなり詳しいあらすじ」のほうは
古い順に並べ替えようか、とも思います。

そういえば、この『源氏物語』のあらすじ版、「明石」に入ってから
一度も更新していません💦間もなく「明石」を読み終えるところ
まで来てしまっているのに、急がねば・・・。次の「澪標」に入る前
にUPするようにいたします。その時に古い順にするか、今のまま
新しい順にしておくか、決めることにします。

6月2日にご紹介したコミック『神作家 紫式部のありえない日々』
(その記事は⇒こちらから)の3巻が昨日発売となり、予約購入を
したので、もう届きました。まだ出たばかりなのに、ネタバレは良く
ないですよね、止めておきます(*´∀`)

        神作家紫式部のありえない日々③
      4巻は2024年初春発売予定!!となっています。
      ちょうど紫式部の大河ドラマが始まる頃ですね。


スポンサーサイト



コメント

マイブログ・・・

ばーばむらさき さま

こんにちは。
ばーばむらさきさんの『ばーばむらさきの「I love 源氏物語」』のブログ
一つ一つを大切にされていることが手に取るように伝わってきます。
ところで、ネタバレは大歓迎です。
私も手にとって見ようと思います。v-106
v-107v-106v-107v-106v-107

No title

おはようございます。

枕草子、学校の授業でしか知らないのですが、
私は源氏物語より多分、かなり好きです。

このところの加齢は、文字が睡眠導入に繋がります。
転居前の暮らしでの読書スピードなどからは想定外です。
(本を読むと目が疲れるとか、眠くなると聞いても不思議に思ったりしていたのは何?です)

それでも、本屋さんに出かけて適当な物を買って読んでみたいと思っています。
先日のアドバイス、参考にさせていただきます。

ブログ記事もゆっくり、じっくり読ませていただくつもりです。
ありがとうございました。

No title

むさしの想坊さま

コメントを有難うございます。

ここでなら少しのネタバレ、構いませんよね。『神作家 紫式部のありえない日々』の3巻で、紫式部の娘・賢子を誘拐した相手として登場する高階成章は、のちに賢子と結婚するのですが、この話がその伏線として描かれているとしたら、作者のD・キッサンさんは、紫式部に負けないほどの壮大な構想のもとに描かれていることになりますね。このコミックはそこまで続くことになるのでしょうか?

No title

こすずめさま

コメントを有難うございます。

『枕草子』、原文が掲載されている本をお求めになって読み始められましたら、古い順に並べ替えた拙ブログも、読んでいただき易くなるかもしれませんね( ´艸`)

こすずめさまのブログに『枕草子』に関する記事がUPされる日を楽しみにしております。

コメントの投稿

訪問者カウンター