fc2ブログ

不安が和らぐ入道の娘

2023年9月28日(木) オンライン「紫の会・木曜クラス」(第38回・通算85回・№2)

今週に入って、ようやく猛暑も収まり、秋の訪れが肌で
感じられるようになった、と思ったのも束の間、昨日から
再び残暑が戻って来て、今日は、今年90日目の真夏日
を記録した、とニュースでも報じておりました。明日まで
暑さは続くようですが、せめて綺麗な中秋の名月が望め
ますように・・・。

オンライン「紫の会」は、この第4木曜日クラスも、第3
月曜日クラスと同じく、第14帖「澪標」の、明石での姫君
の誕生を知った源氏が、京から乳母を派遣し、その乳母
が明石に着いたところ迄を講読しました。

源氏が明石に遣わした乳母は、父親は上達部、母親は
桐壺帝の宣旨だったという、由緒正しい上流の出自で、
仕える明石の入道家よりも格上でした。こうした異例とも
言える、源氏自らの乳母の派遣は、明石の入道にとって
は、「よろこびかしこまりきこゆること限りなし」(喜び恐縮
申し上げ上げるのはこの上ないこと)となりました。

入道の娘にとっても、源氏が帰京してからの7ヶ月余り、
物思いに沈んでばかりで、出産でいっそう心身も弱り果て、
生きる気力を失いかけていたのが、慰められたのでした。

このまま源氏に見捨てられたら、明石の地で、シングル
マザーとして、世間の目にも耐えながら暮らしてゆかねば
ならず、両親が亡き後のことなど考えると、上記のような
状態になっていたのも、当然でありましょう。ここで初めて、
自分たち母娘が源氏に見捨てられていないことがわかり、
急ぎ帰参しようとするお使いの者に、
「ひとりして撫づるは袖のほどなきに覆ふばかりの蔭を
しぞ待つ」(私一人で姫君をお育てするには力不足です。
あなたの大きなご庇護をお待ちしております)
と、源氏にすがるような思いで、手紙をしたためたのも
わかる気がしますね。

この場面、詳しくは先に書きました「全文訳」(5)でお読み
いただければと思います(⇒こちらから)。


スポンサーサイト



コメント

No title

この5日間ほど秋らしい気温と爽やかな風の感覚を楽しんでおりましたのに、
昨日の気温33度には一転して夏に引き戻されてしまいました。

まだまだ10月も気温が高く、真夏日もあるとの予報に、心折れます。衣替え
など、いつの日になりますことやら。


明石に派遣された乳母の存在が明石の人に力を与えているのでしょうね。
期待されます。

明石までの長旅、乳母は津の国までは舟で淀川を下り、それから先は馬に
乗って行ったのですね。鎌倉後期の旅に同じで興味ひかれました。

No title

keikoさま

コメントを有難うございます。

源氏は「宿曜」の占いで、将来后になると予言された娘が、明石のような辺鄙な所で生まれてしまったのが悔やまれ、せめて乳母には京の洗練された女性をと思い、派遣したのですが、明石の人々にとっては、源氏が生まれた子を認知して、こうした身に余る乳母まで遣わしてくれたことに、どれほど安堵したかと思われます。

父親がどんなに高貴な方であろうと、認知してもらえなければ、浮舟のような不幸を味わうことにもなる時代でしたから。

「認めてもらえた」→「頼っても良いのだ」という思いが、この歌の中にも表れている気がいたします。

淀川を舟で下った後、難波で舟を降り、そこからは馬で陸路を行く。この方が確実だったのですね。

昨日に比べると涼しく感じられますが、南関東の当地は、どんよりと雲に覆われています。「中秋の名月」が上る頃までに晴れると良いのですが。

No title

そちらもそうとうのあつさのようですね
此方も相変わらずの暑さが続きました
もしばらくの我慢ですね
お互いに頑張りましょう。
お忙しい御身お気を付けくださいね。
楽しみにしていたお月様
何度もベランダに出たり入ったり やっと空が晴れたのか ・・・
はっきり明るい満月が見えました夜10時前です
満月のパワーをいただきます。

No title

いとこいさま

コメントを有難うございます。

昨日(正確に言えば一昨日)ほどの暑さではありませんでしたが、まだまだ家の中では短パンで裸足です💦

そちらでも中秋の名月がご覧になれたのですね。こちらも散々気を揉まされましたが、綺麗なお月様を見ることが出来ました。でも、私、お財布フリフリを忘れちゃったんです😢金運には見放されっぱなしでも仕方ないですね(;´д`)トホホ

でもお互いに満月パワーを戴けて良かったですね。

コメントの投稿

訪問者カウンター