fc2ブログ

蘇った浮舟

2024年2月21日(水) 湘南台「源氏物語を読む会」(第251回)

昨日は最高気温が夏日に迫る23度超え。まだ2月です。
そして今日の日中は10度にも届かず、真冬へと逆戻り。
たった一日の気温変化が大き過ぎて、おかしくなりそう
です。

このクラスは第53帖「手習」を読んでいますので、次第に
『源氏物語』のゴールが近づいてきております。

宇治の院の大木の根元で倒れていたところを、横川僧都
によって救われた浮舟は、僧都の母尼や妹尼の住まいの
ある小野へと伴われ、そこで妹尼の献身的な看護を受け
ながら日を送ることになりましたが、2ヶ月余りが経っても、
意識も朦朧とした状態が続き、回復の兆しが見えません。
そこで、妹尼は、横川僧都に懇願して修法をしてもらった
結果、物の怪は退散、浮舟は意識を取り戻しました。

ここから浮舟の物語が再始動することになります。

直接体験を示す過去の助動詞の「き」が多用されて、浮舟
が失踪当夜からのことを心の中で回想する形で記されて
いきます。

入水を決意したものの、やはりすぐには実行できず、簀子
の端に座って、「鬼も何も食ひて失ひてよ」(鬼でも何でも
よいから、私を食べて殺して欲しい)と思い詰めていた時に、
匂宮と思われる男が姿を現し、抱き上げられたと思った辺り
から訳が分からなくなり、見知らぬ所に座らされて、そこで
男は消え失せた。自分はとうとう目的の入水を果たすことが
出来なかったと思って泣いていたところから、記憶が途絶え
てしまっている、という経緯になっています。

現実として考えるなら、匂宮の姿を幻視して、あの抱かれて
宇治川を渡った時のような錯覚の中で、浮舟はふらふらと
一人宇治橋を渡り、対岸の宇治の院に辿り着いて気を失った、
というようなことかと思われます。

さて、第51帖「浮舟」の巻末と話が繋がったところで、次なる
話がどのように展開して行くことになるのか、結末を知って
いるのって、何だかつまらない気がしますね。


スポンサーサイト



コメント

No title

今さらですが、源氏物語というのは
壮大なストーリーですね~。

私は源氏物語を原作にした漫画
大和和紀さんの「あさきゆめみし」でしか
読んだことがないのです(^^:

「あさきゆめみし」には第三部は書かれていなかったんでしょうね。
薫の君や匂宮のことは記憶にないので。

源氏物語の相関図も見てみますね。



No title

やむやむさま

コメントを有難うございます。

『源氏物語』には約75年に渡る(天皇は4代)ことが書かれており、まさに「大河ドラマ」ですね。

『あさきゆめみし』は、私も全巻持っています。漫画本にしたものの中では、私の知る限り、一番原作に忠実に描かれているのではないかと思います。

『あさきゆめみし』は全13巻で、11~13巻が第三部になっています。やむやむさまは、10巻までお読みになったのではないでしょうか?機会がありましたら、どうぞ残りの3巻もお読みになってくださいませ。

No title

死んでしまいたいと思い詰めている浮舟に、悪霊が取り憑いた・・・という件りですね。匂宮の幻を見た、という心理がいじらしいです。
「あの抱かれて宇治川を渡った時のような錯覚の中で、浮舟はふらふらと一人宇治橋を渡り、対岸の宇治の院に辿り着いて気を失った、」から、自分の足で立ってさえ、こんな悲しい運命を辿る浮舟。彼女が締めくくる「源氏物語」には、これまで、実にたくさんの女君が描かれてきました。自分では自分の人生を決定できず、周りの人の思いに流され、浮き舟のようにさすらう女君を最後のヒロインとした作者が訴えたいことは何か。深く考え込んでしまいます。

No title

吹木 文音 さま

コメントを有難うございます。

『源氏物語』は終わり方が余りにもあっけなく、最後のヒロイン・浮舟も、すっきりとしないまま幕を閉じることになっていますね。

浮舟の出家をどのように捉えるかで、見方も変わってくるかとも思われます。初めて自分の意思を貫いて新たな生きる世界を歩み始めた、と解釈なさる方には、紫の上でさえ果たすことのできなかった出家を遂げた浮舟の存在意義を、そこに見出すこともできましょう。でも、私は浮舟が出家によって救われたとは考えられないのです(少なくとも「夢浮橋」の時点では)。

浮舟に限らず、人は生きている限り、揺れながら「夢浮橋」を渡っているような儚い存在なのだ、と示しているとしたら、悲し過ぎるでしょうか。

コメントの投稿

訪問者カウンター