fc2ブログ

第14帖「澪標」の全文訳(19)

2024年2月22日(木) オンライン「紫の会・木曜クラス」(第43回・通算90回・№1)

会場クラス、第3月曜クラスに続き、今日の第4木曜クラスも
第14帖「澪標」を読み終えました。3回に分けて書きました
「澪標」の巻の第4ポイント、「六条御息所の死と娘斎宮の
処遇を源氏が考える」の場面の後半(44頁・12行目~51頁
・10行目)の最終回(48頁・12行目~51頁・10行目迄)となり
ます。
(頁・行数は、「新潮日本古典集成 源氏物語三」による)


源氏の君はこのことをお聞きになって、朱雀院からご意向が伝えられて
いるのに、そのお気持ちに背いて冷泉帝が横取りなさっては、恐れ多い
こととお思いになりますが、斎宮のご様子がたいそう愛らし気で、手放す
のはこれもまた残念で、藤壺にご相談なさったのでした。

「しかじかのことで思い悩んでおりますが、母の御息所は、とても重々しく
思慮深いお方でいらっしゃいましたのに、私のよからぬ好き心のせいで、
あってはならない浮名までも流し、私を恨めしい男だと思われたままに
なってしまったことを、実にお気の毒に思っております。この世では、その
恨みが解けないままお亡くなりになってしまいましたが、臨終の際に、この
斎宮の後見をご遺言なさいましたので、私を、後事を託せる者と予てより
聞き置いて、何事も心に残さず打ち明けようと、これまでの恨みを水に流し、
私を認めて下さった、と思いますにつけても、堪えきれず、たいして関わり
のない人のことでも、気の毒なことは放ってはおけないものでございますが、
なんとかして、お亡くなりになった後ではあっても、生前の恨みを忘れる程
のことをして差し上げたい、と、考えておりますが、帝におかれても、随分
大人らしくおなりにはなりましたが、まだ頑是ないお年頃でいらっしゃいます
ので、少し分別のある方がお側にいらしても良いのでは、と存じますが、
ご決定の程を」など源氏の君が申し上げなさると、「たいそうよくお考え下
さったことですね。院におかれましてもがっかりなさいますことは、本当に
恐れ多く、お気の毒ではありますが、御息所のご遺言を口実にして、素知
らぬ振りで帝に入内申し上げなさいませ。院は、今はもう、そのようなこと
には特にご執心でもなく、仏道修行がちでいらして、あなたが院に御息所
のご遺言だと申し上げるのを、それほど深くもお気にはなさるまいと存じ
ます」と、藤壺がお答えになったので、「それでは、あなた様に斎宮を帝の
妃としてお認め下さるお気持ちがおありならば、私は形ばかりのお口添え
をするということにいたしましょう。あれこれと十分に考え尽くしましたし、
ここまで打ち割って私の考えもそっくりお話いたしましたが、世間の人が
何と言うか、それが心配です」などと源氏の君は申し上げて、後日、藤壺
の言葉通り、知らぬふりをして、斎宮を二条院にお移し申し上げよう、と
お考えになっておりました。

紫の上にも、「こういうつもりです。お話し相手としてお過ごしなさるのに、
ちょうど良いお年頃のお二人でしょう。と、教えて差し上げなさると、紫の上
は嬉しいこととお思いになって、斎宮のお移りのことを準備なさるのでした。

藤壺は、兵部卿の宮が、姫君を早く入内させたいと、お世話に大騒ぎをして
おられるご様子なのを、源氏の君が、兵部卿の宮とはしっくりしない間柄で、
この件に対してどのような態度をお取りになるかと気を揉んでいらっしゃい
ました。

権中納言の姫君は弘徽殿の女御と申し上げます。太政大臣が養女として
物々しくお世話なさっております。帝もこの女御をよき遊び相手と思って
おられました。

「兵部卿の宮の中の君も同じお年頃なので、情けないままごと遊びのような
感じがいたしましょうから、大人びたお世話役が出来るのは、とてもうれしい
ことでございます」とおっしゃって、帝にもそのようなご意向を申し上げなさっ
ては、源氏の君が万事行き届かないことが無く、公事の補佐は言うまでも
なく、日々の帝に対するこまやかなお心遣いが、いかにも情愛深くお見えに
なるのを、藤壺は頼りになることとお思いになって、いつも病がちでいらっ
しゃるため、宮中に参内などなさっても、気楽に帝のお側に居られることも
難しいので、少し大人びたご年長の、帝のお側でお世話役の出来る方が、
必要なことなのでありました。
                               
                              第14帖「澪標」(了)


スポンサーサイト



コメント

No title

六条御息所逝去後、好き心に足をすくわれそうになりながらも、したたかな政治家として成長する源氏。彼を巧みにコントロールしながら、源氏に我が子の補佐をさせる藤壺。ふたりの新たな一面にゾクゾクします。
好敵手・頭中将の娘、と暢気にインプットしていましたが、なるほど、先生のご指摘どおり、「女御」として入内させるために、一旦養女の扱いを受けていますね。そうしなければ、「更衣」になるわけです。当時の帝の後宮に仕える女性が、身分によって厳しく統制されていたことが改めて実感されます。
源氏と紫の上の「養女」とされた前斎院も、養母と一歳違い。春秋の優劣を競い合うことになるふたりですが、それを自然に交わし合うにふさわしい年齢であることも、しっかり確認できました。
「源氏物語」の新たな展開も着実に進む、読んでいて楽しい段ですね。

No title

吹木 文音 さま

コメントを有難うございます。

「澪標」は、源氏の栄光へと向かう転換期の巻ですね。紫の上、明石の君、朧月夜、花散里、六条御息所、斎宮、そして藤壺。それぞれの女君たちの関わりと変化が、今後繰り広げられる物語の中でどのようになって行くのか、気になるところですが、直ぐに話を繋がず、「蓬生」・「関屋」で一服、というのも心憎いやり方ですよね。

吹木さまは、熟読なさっているので、今更ながらと思われることも多いでしょうが、この先もどうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

訪問者カウンター