fc2ブログ

藤壺の変貌

2024年2月22日(木) オンライン「紫の会・木曜クラス」(第43回・通算90回・№2)

天気予報通りの寒い一日となりましたが、明日はもっと
寒くなり、最高気温が5度止まりだそうです。一昨日は
23度を超えていたのですよ。数日のうちに20度近くも
気温が変化するのには、身体も気持ちもついて行くの
が大変です。5度と聞いた時、一瞬最低気温だと思って
しまいましたから。

このクラスも今回で第14帖「澪標」を読み終えました。

朱雀院が斎宮をご所望だと知った源氏は、帝の母である
藤壺に相談します。朱雀院の気持ちを知りながら、それを
無視して、冷泉帝の許に入内させることには、やはり後ろ
めたさを覚え、藤壺の後押しを得て、自分を肯定する方向
に持って行きたかったのでしょう。こうした巧みな心理描写
は、『源氏物語』(作者・紫式部の筆力)ならでは、ですね。

藤壺は、そうした源氏の心境をしっかりと見抜いていたの
だと思います。「院にもおぼさむことは、げにかたじけなう、
いとほしかるべけれど、かの御遺言をかこちて知らず顔に
参らせたてまつりたまへかし」(朱雀院におかれましても、
がっかりなさいますことは、本当に恐れ多く、お気の毒で
はありますが、御息所のご遺言を口実にして、素知らぬ
振りで帝に入内申し上げなさいませ)と答えたのでした。

「ええっ、これがあの藤壺?!」と、読者を驚かせる発言
です。これまでの藤壺は、御簾の向こう側で息を潜めて
いるような印象がありましたが、もうここでは「国母」(天皇
の母)としての強さ、逞しさが前面に打ち出され、嘗ての
面影はありません。

源氏が須磨に謫居し、朱雀帝の外戚として右大臣一派が
全盛を誇っていた時から、ひたすら東宮(今の冷泉帝)を
守り、無事に帝位に就けることを願い続けて来た藤壺です。
ようやくそれが叶った今、源氏と共に冷泉帝の御代を支え
るのが新たな使命となっているのも感じられます。

藤壺に背中を押され、安堵を得た源氏は、斎宮を冷泉帝に
入内させることにしました。

藤壺は、もはや源氏の恋の対象ではなく、政治的パートナー
へと変貌を遂げた、と言っても過言ではないでしょう。

この場面、詳しくは先に書きました「全文訳・澪標(19)」で
お読みいただければ、と存じます(⇒こちらから)。


スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは

大変な気温差 今日もみぞれが降っているとテレビで見ました
どうか 風邪などひかれませんようにご無理ありませんようにm(__)m

No title

いとこいさま

お気遣いのコメントを有難うございます。

この数日の気温変化にはもう(@_@。
関西はさほどではありませんか?
来週までは、冬気温が主流で推移するようです。

本格的な春を待ちながら、お互いに気をつけて過ごすようにいたしましょう。

No title

源氏物語は恋物語だと思っていましたが、
こうしてこの時代の政ごとにも目を向けると
興味深いですね。

No title

やむやむさま

コメントを有難うございます。

そうなんです。『源氏物語』と言うと、どうしても光源氏の恋物語、と思ってしまいますが、人生を全円的に捉えた諸相が描かれており、政治的権力争いなどもその一つですね。

どこから見てもそのスケールの大きさは、他には類を見ない物語だと思います。

冷えますね

斎宮の事 光源氏はほんとに困ったでしょうね・・・
でも藤壺さんの後押しは ほんとうに心強い事と。
あの控えめな藤壺さん 頼もしいです (⁎˃ᴗ˂⁎)
政治のパートナー 正に!ですね。

No title

ま~ねんさま

コメントを有難うございます。

源氏は斎宮を自分のものにする(好き心)か、冷泉帝の許に入内させる(親心)か、その狭間で揺れていたところに朱雀院からの申し出もあって、より悩むことになったでしょうね。でも藤壺に励まされる形で、帝へ入内させる決心が固まりました。「女は弱し、されど母は強し」ですね。

No title

置かれた立場が人を変えるということは、現代でもありますね。
自分を支えてくれる方がいるというだけで心強いですし、うまく立ち回りやすくなるので、大切にできたらと思います。


No title

utokyoさま

コメントを有難うございます。

この時の源氏のように、誰かの気持ちを裏切るような形でしか物事が運べないとなると、それを後押ししてくれる人がいるといないとでは、心理的な負担というのが大きく変わって来るのではないでしょうか。

『源氏物語』は、そうした心の動きも細やかに映し出した見事な作品だと思います。

No title

ばーばむらさき様

源氏物語を読んだことは無い!
でもあらすじだけは知っているという私では
物語へのコメントは控えるべきだとは思いますが、
朱雀院はまるで光源氏を引きたてるためだけに存在しているようで
気の毒です。
兄なのに父の愛情も愛する人も源氏に奪われ
何をしても叶わない。最後、源氏に託した娘まで不幸になる。

それでも、心優しく源氏への好意を持ち続けていたようで
私には気の毒で不思議な存在です。

No title

soubokuさま

コメントを有難うございます。

朱雀院は、本当に誰に似たんだろう、と思うほど(現実にもそういう親子はありますけどね)、気弱で優しくて、読んでいるとじれったくなって、何だか同情せずにはいられない人物として描かれていますよね。

ただ、女三宮が出家を願い出た時、あんなにあっさりと認めたのは、心密かに源氏への復讐の思いがあったからではないでしょうか。

これも他のところにも書きましたが、第一部で栄誉栄華を極めた源氏を、第二部で苦悩に追い詰めるのは、第一部でいずれも源氏に対して負け組となった朱雀院と頭中将の子ども(女三宮と柏木)であるのも、源氏に対する皮肉が込められている気がするのです(深読みし過ぎかもしれませんが)。

No title

先帝の四の宮、おっとりした皇女で、若々しく何事につけても嗜み深い藤壺ですが、我が子を守るために決然と髪を下ろしたことを思い合わせると、芯のしっかりとした女性であることも理解できます。
源氏は、彼女の手跡を「どことなく弱いところがある」と評しますが、源氏にも窺い知れない強さがあった、ということでしょうか。
そういえば、不義の子・冷泉帝を産み落とした時にも、産後の肥立ちが悪く、死が頭を過る中、「弘徽殿女御に笑われたくない」一心で薬湯を飲み、回復した、という描写もありました。なよやかなだけではない女性だったんですね。尼姿ながらに、宮中に自由に出入りし、息子にも、源氏にも大きな存在として君臨する藤壺は、或る意味、「水を得たさかな」だったのかもしれません。ふと、一昨年の大河ドラマ「鎌倉殿の十三人」の小池栄子さん演じる北条政子が浮かびました。藤壺には、あまりチャーミングなところは感じませんが、尼姿で活躍・・・あんなイメージかもしれませんね。

No title

吹木 文音 さま

コメントを有難うございます。

自分の産んだ子の父親が源氏であることを桐壺帝に知られたら、とずっと怯え、心の鬼に苦しんでいた藤壺の、ここへ来ての強さ、逞しさは、やはり「国母」となったことによるものでしょうね。でも、ご指摘の通り、芯の強さはもともと具わっていた気がします。

源氏とタッグを組んで、冷泉帝の御代を守り抜く、という強固な意志を持った藤壺には、小池栄子さん演じる北条政子の尼姿と重なるものを感じますね(・∀・)ウン!!

コメントの投稿

訪問者カウンター