fc2ブログ

中将の君が垣間見た薫の印象

2024年2月26日(月) 溝の口「湖月会」(第177回)

昨日の冷たい雨の降る厳しい寒さから、今日は一転して
青空が広がり、気温も最高気温が10度を超えてホッとした
のですが、如何せん風が強くて、花粉が飛びに飛んだの
でしょうか。帰宅後の目の痒み、クシャミ、鼻水が堪らなく、
今季一番のつらさとなりました( ;∀;)

このクラスも第2金曜クラスと同じ、浮舟の母・中将の君が、
中の君にこれ迄の不遇を嘆いていたところへ、薫が訪れた
場面を読みました。

以前に宇治で薫の姿をちらっと見かけた浮舟の乳母が、
「いみじきもの」(とても素晴らしいお方)と絶賛していたけれ
ど、先刻垣間見た匂宮ほどではあるまいと、中将の君は
思っておりました。

第一印象は「げに、あなめでた、をかしげとも見えず」(確か
に、ああ素晴らしい、風情があるというようにも見えない)と
あり、匂宮が桜の花の枝のようなあでやかな印象だったの
に比べ、いささか地味に感じられたのでしょう。

そして、「なまめかしうあてにきよげなる」(優美で気品があり、
こざっぱりとしている」と続き、その後に、自分が見られては
いない、ということがわかっていても、思わず髪の乱れを気に
して直してしまうほど、「心はづかしげに用意多く、際もなきさま
ぞしたまへる」(こちらが緊張してしまうくらい、たしなみ深く、
この上もない素晴らしさでいらっしゃる)となっています。

薫の外見には、匂宮のようなパッと見の華やかさはなく、内面
から滲み出るものに素晴らしさが感じられる、といったところで
しょうか。しかも薫には、前世での功徳が知りたくなる程、身体
に具わる芳香もあります。

最終的には「いとめでたく、思ふやうなる御さまかな」(何と立派
で、理想的なお姿ですこと)と、中将の君は薫を絶賛して、匂宮
を垣間見た時に「織女ばかりにても」(織姫のようであっても)と
思ったのと同様に、薫に対しても「かかる彦星の光をこそ待ち
つけさせめ」(このような彦星の光を待ち受けさせたいものだ)と、
たとえたまさかの訪れであっても、やはり浮舟は高貴なお方に
縁づかせたいとの思いを強くしたのでした。


スポンサーサイト



コメント

No title

外見を描くことで、その人の人物像を読者に想像させたり、言動と結びつけてストーリーにグイグイ引き込んだりする作者の手腕の見事さには感服します。「光源氏」の光と影を分け持つ、新しい時代のヒーロー、匂宮と薫の違いが、実によく書き分けられていますね。神に見入られそうなほどの絶対的な「美」を有していた源氏とは違う「人間くささ」が、中将の君の目を通して示されています。
それにしても、永井路子氏の「この世をば」でも、最高貴族の倫子の母は、道長を「将来有望なだけではなく、男性としても娘を幸せにする実直さがある」と評していますが、受領階級に属する中将の君は、娘の婿には、「まず高貴な人。訪れなど稀でも良いから・・・」と考えるあたりが違いますね。身分と美貌が優先で、女性として愛されるかどうかは二の次です。
身分差がなくなったと言われる現代に娘をもつ母親は、どうなんでしょう。「多様性」が重んじられる時代だから、それぞれでしょうか。
例示が「源氏物語」から逸れました、すみません。
むらさき様、とっさに思い浮かばないのですが、「源氏物語」に描かれる、娘の結婚相手に望む母の願いって、中将の君のここ以外に、どこにありましたかしら・・・?

気をつけて下さいねー

大阪もけっこうな風でしたよ~~
アレルギーの薬を朝夕 普通の人の倍錠を処方されてますが
花粉が酷い時は花粉対策のゴーグルが欲しいかも・・・・
明日 お出かけするんで探してみようと思います
あれば良いけどな~~~ (〃▽〃)

No title

吹木 文音 さま

コメントを有難うございます。

垣間見の相手を、見ている人の目をカメラのようにして映し出す手法、『源氏物語』は優れていますよね。源氏が若紫を、薫が大君中の君や浮舟を、そして中将の君が匂宮や薫を。いずれも見事に読者がそのカメラの先にあるものをあたかも一緒に見ているような気にさせる描き方だと思います。

〈「源氏物語」に描かれる、娘の結婚相手に望む母の願い〉←ちょっと視点が異なりますが、落葉の宮の母・一条御息所の夕霧に手紙を書いた時の思いがとっさに思い浮かびました。

No title

ま~ねんさま

コメントを有難うございます。

今夜の「クローズアップ現代」で、今国民の4割以上が「花粉症」だと言っていました。
ま~ねんさまもそうなのですね。

私も昨夜からアレグラを飲み始めましたが、ちょっと遅すぎた感がありますね。ここ数年、さほど酷くならなかったので、油断していました(;^_^A

お互いに何とか頑張って乗り切りましょう。

コメントの投稿

訪問者カウンター