fc2ブログ

訳すのが勿体ない名文

2016年10月21日(金) 溝の口「枕草子」(第1回)

「紫式部日記」を講読している頃から、「次は枕草子を」という
ご要望は多かったのですが、当時は溝の口で「百人一首」を
読んでいましたので、「源氏物語」と「百人一首」と「枕草子」が
重なっては通うのが大変、というお声もあり、「紫式部日記」の
後には「伊勢物語」を入れました。その間に「百人一首」も終了し、
今月から「枕草子」開講の運びとなりました。

「枕草子」は言わずと知れた、「源氏物語」と並び称される、
王朝女流文学の代表作品ですが、両者は、ジャンルの違い
だけではなく、作者である「紫式部」と「清少納言」の個性の
違いなども如実に窺うことが出来るので、併せて読むと、
面白さも倍増すること請け合いです。

今日は初回ですので、まず、「枕草子の概説」から始めましたが、
例によって、話があちこちに飛んでいるうちに、後半の本文講読
の時間を圧迫してしまい、本文は第一段の「春はあけぼの」を
読んだだけで終わってしまいました。

「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、すこしあかりて、
紫だちたる雲の、細くたなびきたる」

この感性、端的な表現力。文句なしですね。「やうやう」が
「次第に」とか「だんだんと」という意味だとわかりさえすれば、
あとは、なまじ現代語訳などつけたくない名文です。

目を閉じ、その情景を思い浮かべて、一人一人が感覚的に
味わうのが一番かと思います。そしてもう一度、声に出して
第一段を読んでみてください。出来れば暗唱可能レベルまで。
そうすれば、清少納言ワールドが、より身近に感じられるに
違いありません。


スポンサーサイト



コメント

初めまして!

こんにちは。初めまして!
突然コメントして申し訳ありません。
「枕草子」に興味を持ち、原文で読みたいなあ、どこかで講読会などないかしら??と、「枕草子講読」で検索して。。来させて頂きました。
今は家で一人で、清川妙先生の「うつくしきもの 枕草子」を読みながら朗読したりしています。
ばーばむらさき様のブログ、すごいですね!ステキですね!
拝読させて下さい。よろしくお願いします。

初めまして、ぴょもぎ さま

ばーばむらさきのブログをお読み頂き、有難うございます。

「枕草子」の講読会は、月に1回(第3金曜日)だけですが、その都度、ブログには記事を書くようにしています。でも、「アハハ」の内容が多くて、すみません🙇

「カテゴリ」の中から「枕草子の講読会」を選んで下されば、「枕草子」だけを続けてお読みいただけます。

拙いブログですが、「拍手」が入っていると先ず励みになり、コメントが入っているとさらに励みになります。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

No title

むらさき様のブログに出会うのが遅れた私。

枕草子を遡って読んでおりました。
味わいながらゆっくりと楽しませていただき、今日読み終わりました。
ありがとうございました。


No title

soubokuさま

コメントを戴いているのに気付かず、返信がすっかり遅くなってしまいました🙇

勝手な思い込み感想文のようなブログにお目通しくださり、有難うございます。

今日はこれからオンラインでの「枕草子」です。残り数回で跋文に辿り着けるところまで来ました。夜にはまた講読箇所から一段を選んで記事にしますので、よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

訪問者カウンター