fc2ブログ

五本目の筍

2019年4月24日(水)

そろそろ今年は終わりかな、と思いながら昨日買い物に行ったところ、
まだ美味しそうな筍を売っていたので、また一本買ってしまいました。

今日は前回とは別のメニューにしたかったので、「筍寿司」と「そぼろ煮」
にしました。筍の味を楽しみたいので、お寿司の具には筍と胡麻だけ。
上に海苔と錦糸卵と紅生姜をトッピング。勿論山椒も欠かせません。
戴いた山椒が冷蔵庫の野菜室でまだ元気です。

そぼろ煮は、鶏ムネ肉の挽肉を使い、土佐煮よりも薄味に仕上げました。
こちらにも山椒を数枚。山椒があるのとないのとで、これほど違って来る
料理は、筍以外にはないかもしれませんね。

    DSCF3943.jpg
             「筍寿司」と「そぼろ煮」

スポンサーサイト



コメント

筍のあく抜き

孟宗竹の筍はそろそろ終わり、まもなく真竹の筍のシーズンとなります。この筍はその日に採れたものであればあく抜きを要しません。
先日、NHKで放送していた孟宗竹の筍のあく抜きにトライしてみました。あく抜き時間が2時間ですので、その日の夕食の献立に筍料理の幾つかを出すことができました。

No title

むさしの想坊さま

コメントを戴き、有難うございます。

むさしの想坊さまは、男の手料理もお得意でいらっしゃるので、筍のことなどもよくご存じですね。

今年は筍を何度も調理しました。旬の食べ物はやはり美味しいですよね。また、ブログでお料理も公開してくださいませ。

筍…桜の開花同様、今年は一層早くなるのでしょうか?楽しみである反面、四季の国日本が、二季の国…になってしまうようで、地球環境が心配になります。お写真のお料理、おいしそうですね。山椒と筍、抜群の取り合わせです。来月が楽しみになりました。京都・近為さんの筍のおこうこもオススメのお味ですよ。

No title

吹木文音さま

コメントを有難うございます。

近年は皆さま、春秋を感じられないまま季節が流れて行く、とおっしゃっています。今年はコロナも収まってきていますし、少し長く春を味わいたいですね。

筍は大好きで、桜が咲いた、と聞くと、スーパーでも出ていないかとキョロキョロしてしまいます。先日見かけたのは、極小サイズで1,300円!まだこれではちょっと手が出ません。

母は関西人ですので、たくあんを「おこうこ」と言っていましたね。筍のおこうこ、初めて知りました。今はたいていの物はネットで検索すると買えるので、あとで検索してみます。

コメントの投稿

訪問者カウンター