fc2ブログ

懐かしの場所へ

2019年4月29日(月) 

「平成」もいよいよ一日を残すだけとなった今日、ご近所のお友達と
懐かしの場所を散策してしてまいりました。

お付き合いが始まってかれこれ20年になろうかと思われますが、
これ迄あまり昔のことを話す機会がなかったのか、先月、初めて
お互いに「世田谷区下馬」という所に住んでいたことを知りました。

同じ下馬、といっても丁目は異なり、最寄り駅も東横線で一駅離れる
のですが、二人共何だかとても懐かしくなり、「一緒に行きましょう」と
いう話になりました。

先ずは「三軒茶屋」まで行って、腹ごしらえです。彼女がいろいろと
調べてくれて、茶沢通りに面した駅近の「ぺスケリア」というイタリアン
で「ホリデーランチ」をいただきました。

    DSCF3950.jpg
    私が頼んだメインディッシュの「鮮魚と野菜のグリル」。
    真鯛、鯖、海老、烏賊の4種類もの魚介類。少し塩気が
    強いかな、と感じましたが、添えてあるバジルソースが
    美味しくて、たっぷりと付けていただきました。

お腹がいっぱいになったところで、バスに乗り、本日の目的地「駒繋神社」
へと向かいました。お友達にとっての懐かしの場所は、神社に隣接した
公園で、当時は公園の前に蛇崩川が流れており、彼女は6歳までしか
住んでいなかったので、ブランコに乗ると川に落っこちそうな気がして
いたそうです。

私が世田谷に住んでいたのは、昭和51年から平成2年までの14年間で、
ちょうど子育てをしていた時期と重なります。ですから毎年の初詣は
もとより、息子のお宮参りや七五三も「駒繋神社」でお世話になりました。
初詣の帰りに、その公園で遊んだこともありました。その頃にはもう川は
暗渠となり、遊歩道に変っていました。

      DSCF3952.jpg
          ひと気もなく、静かな「駒繋神社」の境内

住宅街を歩いて、14年の歳月を過ごしたマンションの前へ。外壁の色が
すっかり変わっていましたが、佇まいは30年前と変わりなく、とても懐かしく
感じました。殆どのお店が替わってしまった商店街を抜け、「学芸大学」駅
近くにある洋菓子店の「マッターホーン」へ。ここで今日一番の人出を見ました。
ケーキを求める人で店内は長蛇の列。いつの間にこんな行列の出来る店に
なったのかしら?でも、知っているお店の多くが消えてしまっていた中での
嬉しい現象でした。

       DSCF3964.jpg
       店内にはカフェも併設されていますが、この混雑に
       お茶は諦めて、買い物だけで帰宅の途につきました。

雨にもならず、カンカン照りでもなく、薄曇りの散策日和。楽しい一日を有難う、
と、お友達に感謝です。


スポンサーサイト



コメント

No title

懐かしいです  マッタ―ホーン!
今でも人気店なのですね
阪神間から世田谷の社宅に引っ越して、びっくりしたのはケーキ屋さんが少ないこと!  実家のある御影も、結婚して住んでいた苦楽園口も、本当にケーキ屋さん(今はこんな呼び方はしませんね)が多く、どこで買おうかと迷うほどでした

社宅のお友達が初めてお茶に呼んで下さって、いただいたのがマッタ―ホーンのクリームパイ!   久々に美味しいケーキを食べて感激したものです
その後また食べたくなって、まだ道が不慣れで車で行くのが怖く、二歳の娘を連れて、タクシーで学芸大学のお店に行ったことを、よく覚えています(笑)

No title

夕鶴さま

「マッタ―ホーン」は、昔も今も、「学芸大学」駅周辺に住む人たちにとっては一番のケーキ屋さんだと思います。

私が住んでいた頃に西口商店街に「ベルン」も出店しましたが、先日通った時には無くなっていました。

あれから30年余、でもあの頃お知り合いになれたおかげで今があると思うと、夕鶴さんとのご縁を本当に有難いと思っております。

しっとりとした時間旅行のひととき、ご一緒したかのように、しみじみと致しました。懐かしい街を再訪すると、夢中で過ごしていた当時とは、また違った趣きを感じるものですよね。ひとりで歩くと、ちょっとセンチメンタルになりすぎる…同性の友人と連れ立って、こんなおいしいお食事をいただけたら、豊かな時間を過ごせそうです。海外旅行ばかりが旅ではありませんね。時間軸を辿る旅、心に沁み入りました。

No title

吹木文音さま

早速にコメントを頂戴し、有難うございます。

このブログ記事、日付が2019年4月29日で、もう4年近く経っているのに自分でもびっくり!時の流れの速さに追いついて行けない感じです(;^_^A

おっしゃる通り、「懐かしい街を再訪すると、夢中で過ごしていた当時とは、また違った趣きを感じるもの」だと思います。

世田谷に住んでいたのはもう30年以上前のことですが、今でも東横線に乗ると、何となく懐かしさがこみ上げてくるのです。

このコメントを戴き、もっと「時間軸を辿る旅」がしてみたくなりました。

コメントの投稿

訪問者カウンター